一品料理屋の世界へ転職した「相沢 豪太」さんの話し|復職の情報・転職情報は「いけにえ」日本最大級の転職・復職紹介サービス


一品料理屋の世界へ転職した「相沢 豪太」さんの話し

「相沢 豪太」さんが転職しようと思ったきっかけ

知り合いから紹介してもらった職場であったので、少し合わないと思っても続けていました。何だかんだと言っても私がそこを辞める勇気が無かったのだと思います。ですが、同じ部署の人から陰口を言われるようになりました。その人をどうこうという分けではないのですが、自分勝手ではありますが、真剣にしている自分がアホらしくなり転職を考えました。

転職をした「相沢 豪太」さんの感想

正直に転職して良かったと思っています。毎日が楽しくてしょうがないです。本当に生きているという実感が毎日あるんです。転職をする前の会社に悪い所はありませんでしたが、自分には向いていないのではないか?と何度も何度も考えたことがありました。転職する勇気もありませんでしたが、あるきっかけを元にしてみたら本当に明るい未来が待っていました。

「一品料理屋」について

何年も前から良く行く一品料理屋がありました。店の名は播州屋というのですが、その店のイメージを少し似ている部分のある店です。転職先に選ぶのだから妥協はしたくないと長い時間をかけて探しました。

今「相沢 豪太」さんがしている仕事内容

今、私がしている仕事は調理補助とホールがメインの仕事となっています。勿論レジもしますので、お客様の流れを止めないようにスムーズに行くようにと優先順位を考えて仕事しています。

弊社いけにえを利用してよかった点

友人に転職の話をすれば良かったんですが、そういう友達はいないのでずっと悩んでいました。そんな時に「いけにえ」に出会ったのです。本当に良かったです。自分の考えていた店があって初めて使った初回で再就職先が決まりました。

この記事に関連する記事一覧

復職の情報・転職情報は「いけにえ」日本最大級の転職・復職紹介サービス