接客の世界へ転職した「畑中順助」さんの話し|復職の情報・転職情報は「いけにえ」日本最大級の転職・復職紹介サービス


接客の世界へ転職した「畑中順助」さんの話し

転職をした「畑中順助」さんの感想

今まで、お客様と話すことをしていたのでそれを接客といえば接客となりますが、接客をして販売まではしなくてもいいという仕事に惹かれたので転職をしたのですが、転職は精巧だったと思います。

 

「接客」について

お客様のことを考えて、無理に購入していただこうとしないところがいいですね。こちらに余裕を残したまま商談できるので本当に楽です。

 

今「畑中順助」さんがしている仕事内容

この会社の営業は2種類あります。接客=お客様が商品に興味を持つように話しかけて購買意欲を掻き立てる。クローザー=購買意欲が出てきたお客様にしっかりと接客が言った値段より少しだけ安くして購入していただきます。畑中さんは、接客をしています。

 

「畑中順助」さんが転職しようと思ったきっかけ

転職をする前も接客販売はしていました。知り合いの店ですが働いていました。その店が来月には閉めるというので慌てて転職先を探すことになりました。その時に転職が出来るのであれば今と同じ接客の仕事がしたいと思っていました。

 

「畑中順助」さんがこの「接客」に魅力があると感じたところ

会社によって営業や販売の仕方は違いますが、この会社では今までに考えた事もない2人1組での販売なので、最初から興味がありました。私が思うにクローザーが上手くなければそこで購入するわけはないんだから本当にクローザーは凄いと思う。

 

「畑中順助」さんが今この仕事で抱いている目標

接客だけでお客様が購入して会社に利益を出すことは出来ないかと考えています。

この記事に関連する記事一覧

復職の情報・転職情報は「いけにえ」日本最大級の転職・復職紹介サービス