調理サポートの世界へ転職した「濱野未樹」さんの話し|復職の情報・転職情報は「いけにえ」日本最大級の転職・復職紹介サービス


調理サポートの世界へ転職した「濱野未樹」さんの話し

「調理サポート」について

テレビ番組では、自分から調理をすることはありません。料理の先生の完全なサポートをします。調理に使う食材や器材の準備を全て担当します。普通の店では、料理人が料理を作っているときから少しずつサポートをしていきます。1つの料理を仕上げる時にサポートは本当に必要な存在なのです。調理のサポートとはそういう意味を持っています。

 

今「濱野未樹」さんが、している仕事内容

今は、普通の会社で事務の仕事をしています。事務といっても総合事務のようなものなので、お客様が訪問されればお茶出しをしますし、社長の秘書のような役割もこなします。

 

「濱野未樹」さんが、転職しようと思ったきっかけ

事務の仕事をしていて、飲食店で働くことに興味を持ってきました。会社でも他のスタッフと仲が良かったわけでもないですし、年齢が28歳となっている今、来年には20代最後になるということで本当にしたいと思っていた調理人の仕事をする為の足掛かりにする為に転職を考えました。

 

「濱野未樹」さんが、この「調理サポート」に魅力があると感じたところ

自分でも料理は、不得意な分けではないですが、間近で料理人のサポートをしながら目で盗めることが出来る所が最大の魅力だと思います。自分がまだ購入できていない器材なども使用することが出来るので調理サポートの仕事をするということは幾つもの特典が付いてくるのと同じだと思えます。この考えの全てが魅力だと思います。

この記事に関連する記事一覧

復職の情報・転職情報は「いけにえ」日本最大級の転職・復職紹介サービス